メニュー

ご挨拶

院長 

____

歯が悪くなったら必ず歯科を受診していても、年齢を重ねると共に次々と歯を失っている人は少なくないようです。でも実は、これはおかしなことなのです。

なぜなら歯が抜かれるのは「むし歯」や「歯周病」といった病気が原因であり、「寿命」や「老化」で抜かれてしまう歯は世の中に1本もないからです。

それでは、なぜ歯医者さんで治療を受けているはずなのに、歯は抜かれていくのでしょうか。

その理由は、一般に「歯科医療」と思われている処置は、実は「デンティストリ-」と呼ばれる職人仕事であり、「医療」とは性格が異なる業務だからなのです。

当院は、埼玉県上尾市にある歯科医療機関「口腔研クリニック」で臨床研修を行い、また「真の歯科医療」を学ぶために全国から多くの会員が集う「近代口腔科学研究会」で研鑽した「本当の意味での歯科医療」を実践することで、地域社会に貢献しています。

 もちろん「むし歯」や「歯周病」といった歯の病気だけでなく、親知らずの抜歯や口内炎や口が開かないとか顎が痛むといった口腔領域のさまざまな病気にも対応し、さらに「入れ歯」や「歯列矯正」といった質の高いデンティストリーの業務にも力を入れています。

院長 松浦哲郎

資格・略歴

歯学博士

近代口腔科学研究会理事

近代口腔科学研究会雑誌編集委員長

学校法人知音学園理事

山口県高等歯科衛生士学院非常勤講師

元福岡歯科大学講師

1975年 山口県立山口高校卒

1981年 福岡歯科大学卒

学会誌、研究会誌等に学術論文100編以上執筆

メディカルオンライン


副院長

00C10892-CB83-4511-90F1-B258423B9959

日本中から歯科医師が研修に来る埼玉県上尾市の歯科医療機関「口腔研クリニック」で5年間研修を行ってきました。

平成29年の春から山口に戻り、当院で診療に従事しております。

これまで学んだことを生かし、一人ひとりの患者さんに対して誠実な診療をしていきたいと思います。

副院長 松浦徹

FindUsOn-FB_ja-JP-RGB-1770

資格・略歴

日本歯内療法学会会員

近代口腔科学研究会正会員

元埼玉歯科衛生専門学校講師

2006年 山口県立山口高校卒

2012年 福岡歯科大学卒

2013年 口腔研クリニックにて歯科医師臨床研修終了

2018年 口腔研クリニック医員退職、山口口腔研クリニック勤務

研究会誌に10編以上論文を執筆

メディカルオンライン

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME